思春期ニキビ

思春期ニキビ

思春期ニキビ

思春期ニキビは、ホルモンバランスが崩れ皮脂過剰になりニキビになります。 思春期には新陳代謝が活発なので肌の老廃物が溜まりやすく肌のスキンケアを怠るとニキビになりやすいです。 ときに汗をかきやすいので汗をかいた時には、タオルでふきとったり水洗顔することをおすすめします。 汗をそのまま放置しておくとニキビ菌が増殖してしまいます。寝る前の枕は汗をいっぱい吸着させます。 こまめに枕カバーをかえることも重要です。正しいスキンケアや正しい生活習慣をしても数ヶ月ニキビが治らない・改善されない場合はニキビ対策の方法や皮膚科に相談しましょう。

思春期ニキビの不摂生は辞めましょう

思春期には行動的にも、活発なのでジャンクフードやファーストフードなどニキビになりやすい食べ物を食べたり、 深夜までダラダラ起きたりしてホルモンバランスが崩れやすい生活をしているひとが多いです。 学生でも、色々付き合いがありますので難しいところもあるとおもいますができるところからこまめに生活習慣を正して思春期ニキビにならないようにしましょう。

ニキビができたら気をつけること

学生生活は、精神バランスが不安定な時期なのでニキビができると他のひとに見られたくないという思いが一層深いです。 ただ、ニキビを見られたくない一心で手で押し潰したり、爪で傷つけたりするのはとても良くないことです。無理やりニキビを取り出そうとすると 肌細胞、真皮、皮脂腺、毛穴などが傷つきデコボコニキビになってしまいます。一度デコボコニキビになると治すのはとても大変ですし、お金もかかります。 どうしても、ニキビを潰したい場合は手で直接潰さないことです。手には様々な雑菌が付着しているので第2のニキビを誘発させます。 ニキビを取り出す専門の器具がありますのでそれでとりだしましょう。取り出す際は、温まったタオルなどで肌を柔らかくしてからニキビをとりだします。 取り出した後は、細菌や殺菌が入りやすいのですぐに冷却して毛穴、肌を化粧水・保湿クリームで引き締め保護ましょう。